住宅を様々な危険に備えるために必要な対策を行う

避雷針の必要性を学んで住まいに設置しよう

価格を知る

耐震補強の価格について

地震が多い時の心配事は耐震工事についてではないでしょうか。耐震工事をする家は今から30年以上前に耐震基準がまだそれほど厳しくなかった頃に建てられた家が多い様です。 通常、30年より前に建てられた家は耐震補強をしなくても耐震基準をクリアしているのです。 ただ、あまり知られていませんが、耐震基準をクリアしても多いな揺れが度重なると危険な状態になることもあるのです。そこで、築30年以内の家でも耐震補強をする必要が出てきます。 耐震補強の価格ですが、耐力壁などの設置は3万円から5万円程度と安く、基礎と建物を金具でつなぐ補強はそれ以上かかりますので一概にいくらとはいえません。平均すると120万円ほどの価格だそうです。

これまでの歴史について

耐震補強のこれまでの歴史はどうでしょうか。耐震補強の歴史は意外と短いと言われています。 昔は、地盤を固めることをしていました。地盤補強です。これは地盤が緩いところに家を建ててしまったため、大きな地震の時に家が倒壊したことが頻繁に起きたためと言われています。昔のやり方は地盤の土を入れ替えることです。これによって地盤が強くなるのです。ただ、最近はコンクリート製の杭を打ち込んだり金属製の杭を打ち込んで地盤が固いところで固定させ、その上に住宅を乗っけるため、地盤による心配がなくなります。 建物については家の柱を金属でつなぐことで、大きな揺れの時柱が抜けるのを防ぐことができることや、壁の外から金属で補強するなど壁を外さずともできるようになるのです。

Copyright © 2015 住宅を様々な危険に備えるために必要な対策を行う All Rights Reserved.