住宅を様々な危険に備えるために必要な対策を行う

避雷針の必要性を学んで住まいに設置しよう

見えない調査

目に見えない部分を調査する

土地を購入して注文住宅を建築する場合、購入した土地が建物の重量に耐える事が出来るかどうかを調査する必要が有ります。 これは地盤調査と呼ばれるもので、家を建築した場合の耐久性が得られるか否かを検証し、土地の改良の有無を確認する目的で行われるものです。 尚、地盤調査は地質調査などでも利用するボーリングなどを利用して調べて行きます。 地質調査の場合は、空中写真を撮影したり、衛星画像や地形図などを利用して地質がどのような構造になっているのかを調査し、学術に利用されたりトンネルなどの工事を行う時の事前調査として活用されると言います。 尚、地盤調査や地質調査と言うのは、人間の目では見る事が出来ない部分を調査するのが目的と言う共通点が有ります。

地質調査士と呼ばれる資格を持つ技術者

地質調査は、学術などに利用される調査でもあり、調査方法は色々な方法で行われ、目に見えない地下の状態や地盤の状態、地質構造、生成年代、分布状態、地層の種類や性質などを調べて行くことになります。 家を建築する時の土地は、建物に耐える事が出来るか否かを確認する調査であり、これは地盤調査と呼ばれるものです。 目に見えない地質を調べて、必要に応じて地盤を改良する目的地盤調査は行われていくことになりますが、地質調査の場合は建造物を作る目的で利用されることも有りますが、地震の揺れによってどのような影響を及ぼすのかなどの分析にも利用されています。 尚、地質を調べる人は地質調査士と呼ばれる資格を持ち、この資格を持つ事でボーリングなどの調査を可能にするのだと言います。

Copyright © 2015 住宅を様々な危険に備えるために必要な対策を行う All Rights Reserved.